これさえ書いておけば大丈夫!HTML5のhead記述

こんにちは。

3日坊主なのりです。

 

記入すべきhead内要素全体

HTML5を記述するときにhead内にこれさえ書いておけば大丈夫!というものを調べました。

各要素の解説

それでは1つずつ見て行きましょう。

まずこちら

HTMLの宣言文です。

HTML5ではいろいろ省略してシンプルに記述することができます。

 

 

HTML文書だと明示しています。

 

ページタイトルです。

SEOでかなり重要なタグなのでキーワードを盛り込んでおきましょう。

 

文書情報を表す各種メタタグです。

viewportは必ず指定しておきましょう。

 

OGPの正式名称は”Open Graph Protocol”と言います。
facebookやmixi、google+などのSNSとウェブページを連携させる為に設定する記事情報で、各種ウォール、ニュースフィードに「こういうサイトです」と明言するために必要な仕様です。

引用:http://liginc.co.jp/designer/archives/5592

こちらのmetaタグはSNSと連携させるための情報となります。

こちらはIE9でCSS3のプロパティを適用させるjsです。

 

以上です。

これだけ記載しておけば、レスポンシブ、IE、SNSに対応できます。

 

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA