【マーケティング】パレートの法則を活用!

パレートの法則は、マーケティングやビジネスで利用されている法則です。
「2:8の法則」、「80:20の法則」とも呼ばれています。

パレートの法則とは

全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという経験則のことです。

例えば・・・

  • 商品売上の8割は全商品のうち2割の商品が生み出している
  • 故障の8割は全部品の2割にある
  • プログラムの処理いかかる時間の80%はコード全体の20%が占める

このように、2割の事象が全体の8割を占めることを言います。

パレートの法則は人材にも当てはまる!

この法則は人材にも適応されます。
売上の8割は2割の社員によって生み出され、どの組織でも人材はだいたい下記のように分かれます。

優秀な人材:2割
業務はそれなりにこなす:6割
下位層:2割

ここで面白いのは、仮に2割の優秀な人材だけを残してもその中から2割、6割、2割に別れるということです。

2割の労力で8割の成果を目指すのが効果的!

それでは、このパレートの法則をどう実生活にどう応用すればよいか。

例えば掃除。
片付け、掃除機、拭き掃除まで終わらせたいとしても、片付け、掃除機までを2割の労力で完了させ、次の作業に移ったほうが全体としては効果的です。

例えばテスト。
5教科全て100点満点を目指すより、各教科80点を目指す勉強をしたほうが効率よくなります。

ただ、注意してほしいのは、10割の成果を求められるプロフェッショナルと呼ばれる方たちに、この法則を当てはめないほうがよいということです。

まとめ

仕事だけでなく、勉強や実生活でもこの法則は使えます。
この法則は「事象の分布」なので必ずしも全ての事象に当てはまるとは限りません。ですが、この法則を知っておくことで、力の入れるべきポイントが分かり人生が少しだけ豊かになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA